Aurora PostgreSQL と互換性のある DB インスタンスのハードウェアメンテナンスまたは OS アップデートが通知されるのはなぜですか?

所要時間1分
0

Amazon Aurora DB クラスターの 1 つにハードウェアのメンテナンスまたは OS の更新が必要であるという通知が届きました。

簡単な説明

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) は DB クラスターのメンテナンスを行い、セキュリティとインスタンスの信頼性に関する問題を修正します。これには、Aurora MySQL や Aurora PostgreSQL と互換性のあるインスタンスなどの Amazon Aurora DB インスタンスが含まれます。メンテナンスウインドウの間、Amazon RDS は、ハードウェア、オペレーティングシステム、または DB エンジンのマイナーバージョンに関する更新を適用します。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのメンテナンス」を参照してください。

Amazon Aurora DB インスタンスのメンテナンスアクションに関する通知を受信するように Amazon CloudWatch Events のルールを設定できます。すでに通知を受け取っている場合は、 Amazon RDS コンソール を使用して、DB インスタンスの保留中のメンテナンスアクションを確認してください。

解決方法

**注:**AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

DB インスタンスのメンテナンスアクションに関する通知を受け取るには、「Amazon RDS メンテナンスウィンドウについて知っておくべきことは何ですか?」を参照してください。

Aurora DB インスタンスのメンテナンスアクションを表示する

Aurora DB インスタンスのメンテナンスアクションを表示するには、次の操作を行います。

  1. [Amazon RDS console] (Amazon RDS コンソール) を開きます。
  2. ナビゲーションペインで、[Databases] (データベース) を選択します。
  3. メンテナンスアクションを表示したい Aurora DB クラスターまたは DB インスタンスを選択します。
  4. [Maintenance & backups] (メンテナンスとバックアップ) タブを選択します。[Pending maintenance] (保留中のメンテナンス) セクションで、保留中のメンテナンスアクションのリストを表示できます。

describe-pending-maintenance-actions の AWS CLI コマンドを実行して、保留中のメンテナンスアクションを一覧表示することもできます。

$ aws rds describe-pending-maintenance-actions --region example-region-name

ハードウェアメンテナンスに関するアクション通知

DB インスタンスでハードウェアメンテナンスが予定されると、E メールで通知が届きます。通知には、メンテナンスの完了に必要な時間、アベイラビリティーゾーン (AZ)、および影響を受けるリソースが含まれます。

ハードウェアメンテナンス通知を受け取ったら、次のいずれかのアクションを実行できます。

  • ハードウェアのメンテナンスをすぐに適用する。
  • 何もしなければ、影響を受けるインスタンスのメンテナンスが自動的に実行されます。メンテナンスは、メンテナンスウィンドウの表示中、および通知に記載されている時間内に行われます。

クラスター内のインスタンスの数によっては、ダウンタイムが発生する可能性があります。

  • 単一インスタンスのクラスター - ハードウェアのメンテナンス中は、ハードウェアのメンテナンスが完了するまで、クラスターとインスタンスは数分間使用できません。
  • インスタンスが 2 つ以上あるクラスター - 影響を受けるインスタンスがライターインスタンスの場合、インスタンスがフェイルオーバーするまでの間、クラスターとインスタンスは使用できません。影響を受けるインスタンスがリーダーインスタンスの場合、フェイルオーバーは実行されません。この場合、リーダーインスタンスはメンテナンスが完了するまで数分間使用できません。

**注:**ハードウェアメンテナンスアクションは延期できません。

OS メンテナンスのアクション通知

パフォーマンスを改善するための Amazon RDS のオペレーティングシステムのアップグレードは、完了までに約 10 分かかります。これによって、DB エンジンのバージョンや Amazon Aurora DB インスタンスのインスタンスクラスが変更されることはありません。Amazon RDS は、必要な更新をスケジュールに従って自動的に適用します。このような定期 OS メンテナンスに関する通知が届く場合があります。オプションの更新については、Amazon RDS はこれらの更新を自動的に適用しません。ただしベストプラクティスは、Amazon Aurora DB クラスターを最新の状態に保つことです。

詳細については、「オペレーティングシステムのアップデートを使用する」を参照してください。OS メンテナンスアクションを適用するには、「DB クラスターの更新の適用」を参照してください。

: ベストプラクティスは、更新をリーダー DB インスタンスに適用する前に DB クラスターに適用することです。次に、過剰なダウンタイムを回避するために、ライター DB インスタンスに更新を適用します。OS の更新がリーダーに適用されている場合、リーダーは更新が完了するまで使用できません。ライターが更新されると、フェイルオーバーが実行されます。DB インスタンスは、インスタンスがフェイルオーバーするまでの間 (通常約 60 秒) 使用できません。


関連情報

Amazon RDS のメンテナンスウィンドウはどのくらい時間がかかりますか。

AWS公式
AWS公式更新しました 2年前
コメントはありません

関連するコンテンツ