CloudFormation の変更セットエラーを解決する方法を教えてください。

所要時間1分
0

AWS CloudFormation スタックにリソースをインポートしようとすると、エラーが表示されます。

簡単な説明

表示されるエラーの種類に応じて、この記事の関連セクションにある手順を実行してください。

**注:**AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、最新バージョンの AWS CLI を使用していることを確認してください

解決方法

出力エラーのトラブルシューティング

**「この変更セットの作成中にエラーが発生しました。**インポート操作の一部として、\ [Outputs] を変更または追加することはできません」

このエラーは、リソースをスタックにインポートするときに発生します。また、CloudFormation コンソールからの出力を含むリソースインポートテンプレートを使用して新しいスタックを作成する場合にも発生します。次のトラブルシューティング手順を試してください。

  1. 最新の CloudFormation テンプレートの Outputs セクションを、スタックで現在使用しているテンプレートと比較します。両方のテンプレートの Outputs セクションは同じでなければなりません。値が同じでない場合は、現在のテンプレートの Outputs セクションの値と出力と一致するように最新のテンプレートを更新します。

重要: インポート操作には、OutputsLogical IDDescriptionValueExport、およびその他のプロパティへの追加や変更を含めることはできません。

  1. インポート操作が完了したら、Outputs 設定で必要な変更を加えてスタックを更新します。

スタック属性による検証エラーのトラブルシューティング

「CreateChangeSet オペレーションを呼び出すときにエラー (検証エラー) が発生しました。 インポート操作の一部として、「タグ」を変更または追加することはできません」

このエラーは、AWS CLI または AWS SDK を使用して、変更されたか追加されたスタック属性を含む IMPORT タイプの変更セットを作成したときに発生します。

次のトラブルシューティング手順を試してください。

  1. 変更セット作成操作に含まれるスタック属性がスタックの現在の属性値と同期していることを確認します。

重要: 新しい属性値を更新または追加しないでください。

  1. リソースをインポートしたら、別の更新操作で属性を更新します。

変更されたリソースエラーのトラブルシューティング

「この変更セットの作成中にエラーが発生しました。テンプレート内のインポートされていないリソース「ResourceName」が変更されました。インポート操作中は、更新、作成、削除の操作を実行できません。」

このエラーは、リソースのインポート操作中に既存のリソースを変更したときに発生します。インポート操作中は、リソースを作成、更新、削除することはできません。

次のトラブルシューティング手順を試してください。

  1. IMPORT タイプの変更セットの代わりに UPDATE タイプの変更セットを作成します。これにより、リソースの変更のソースが表示されます。

  2. 既存のリソースにも同じリソース仕様を使用して、テンプレートにインポートする適切なリソースのみを追加します。

インポートするリソースのリストエラーのトラブルシューティング

以下のエラーは一般的に、AWS CLI または AWS SDK を使用して IMPORT タイプの変更セットを作成する場合に発生します。

「CreateChangeSet オペレーションを呼び出すときにエラー (検証エラー) が発生しました。 リソース「<ResourceName>」が ResourceToImport リストに見つかりません」

上記のエラーが表示された場合は、次のトラブルシューティング手順を試してください。

CloudFormation テンプレートで、スタックにインポートするすべてのリソースの物理 ID を ResourceToImport プロパティに渡していることを確認します。

「CreateChangeSet オペレーションを呼び出すときにエラー (検証エラー) が発生しました。 インポートするリソースを少なくとも 1 つ指定する必要があります」

上記のエラーが表示された場合は、次のトラブルシューティング手順を試してください。

AWS CLI コマンドに --resources-to-import が含まれているか、API 呼び出しに ResourceToImport が含まれていることを確認してください。また、インポートするリソースをすべてリスト表示してください。

重要: インポートするには、すべての新しいリソースに物理 ID を渡す必要があります。

関連情報

既存のリソースからのスタックの作成

既存のリソースのスタックへのインポート

インポート操作とドリフト検出操作をサポートするリソース

既存のリソースの CloudFormation 管理への取り込み

AWS公式
AWS公式更新しました 10ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ