Direct Connect BFD のダウン通知を解決する方法を教えてください。

所要時間1分
0

AWS Direct Connect 双方向転送検知 (BFD) で受信した DOWN 通知を解決したいです。

簡単な説明

AWS Direct Connect 接続では、BFD は転送パスに問題があるかどうかをすばやく検出します。問題が発生すると、eBGP セッションがドロップされ、DOWN 通知が届きます。

解決方法

BFD で受信した DOWN 通知を解決するには、次の手順を実行してください。

フラップのトラブルシューティング

インターフェイスがダウンすると、BFD もダウンする可能性があります。これは、ホールドダウンタイマーの期限が切れるまで、ルータが BFD キープアライブパケットを受信しない場合に発生します。BFD ログを確認して、検出タイマーの有効期限切れが発生していないかどうかを確認します。

**注:**非同期 BFD は、AWS 側のすべての AWS Direct Connect インターフェイスで自動的にオンになります。AWS 側では BFD 設定を行うことはできません。BFD セッションを作成する場合、BFD プロトコルは常に長くて遅いタイマーを選択します。

絶え間ないフラッピングまたは断続的なフラッピングのトラブルシューティング

次の show tunnel statistics bfd コマンドを実行し、特定のデータプレーントンネル内で送受信される BFD パケットの数を確認してください。

**注:**次のコマンドは Cisco デバイスに固有です。必ずベンダー固有のコマンドを使用してください。

vEdge1# show tunnel statistics bfd

BFD 設定をチェックして、BFD がカスタマーゲートウェイ (CGW) でアクティブ化されているかどうかを確認します。CGW が BFD にパケットが送信されているかを確認します。

CGW で BFD デバッグとパケットキャプチャを実行します。

関連情報

(Juniper Web サイトから) 双方向転送検知 (BFD) に関するよくある質問

(Juniper Web サイトから) 「bfd セッションを表示」出力の BFD タイマーの説明

IP ルーティング: (Cisco Web サイトから) BGP 設定ガイド

AWS公式
AWS公式更新しました 10ヶ月前