AWS DMS タスクのモニタリングをオンにするにはどうすればよいですか?

所要時間2分
0

AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクのモニタリングをオンにするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon CloudWatch Logs を使用して、DMS タスクの進行状況、使用されたリソース、および使用されたネットワークアクティビティをモニタリングできます。AWS DMS タスクをモニタリングするには、AWS DMS コンソールAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)、または AWS DMS API を使用します。

解決方法

注: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

タスクのログ記録をオンにする

DMS タスクを変更するには、タスクが停止状態または失敗状態である必要があります。

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] を選択します。
  2. タスクを選択し、[Actions] (アクション) を選択してから [Modify] (変更) を選択します。
  3. [Task Settings] ペインで、[Enable CloudWatch logs] を選択します。
  4. [Save] (保存) を選択します。

タスクの進行状況を確認する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. モニタリングするタスクの名前を選択します。
  3. [Table Statistics] (テーブル統計) セクションから、AWS DMS タスクのロード状態を確認します。

タスクのステータスの詳細については、「タスクのステータス」をご参照ください。

Amazon CloudWatch Logs を表示する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] を選択します。
  2. 確認するタスクの名前を選択します。
  3. [Overview details] (概要の詳細) セクションから、[View logs] (ログの表示) を選択します。

Amazon CloudWatch メトリクスを表示する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. モニタリングするタスクの名前を選択します。
  3. CloudWatch メトリクスから、タスクのメトリクスを表示します。
  4. タスクの CDC フェーズで CDCLatencySourceCDCLatencyTarget のメトリクスを確認します。これらのメトリクスを確認して、ソースまたはターゲットの潜在的なレイテンシーを特定します。詳細については、「Monitoring replication tasks using Amazon CloudWatch」(Amazon CloudWatch を使用したレプリケーションタスクのモニタリング) を参照してください。

タスクの構成と設定を確認する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] を選択します。
  2. 確認するタスクの名前を選択します。
  3. [Overview details] (概要の詳細) セクションで、タスクの [Basic configuration] (基本構成) と [Task settings] (タスク設定) を確認できます。

レプリケーションインスタンスのメトリクスを表示する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Replication instances] を選択します。
  2. 使用中のレプリケーションインスタンスの名前を選択します。
  3. [CloudWatch metrics] (CloudWatch メトリクス) タブで、 CPU 使用率解放可能なメモリ空きストレージ領域、および SWAP 使用状況のメトリクスを確認します。

詳細設定を使用する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. タスクを選択し、[Actions] (アクション) を選択してから [Modify] (変更) を選択します。
  3. [タスクの詳細設定] を展開します。
  4. [Create control table in target using schema] フィールドに、AWS DMS がコントロールテーブルを作成できるターゲットデータベースのスキーマの名前を入力します。
  5. [History timeslot (minutes)] (履歴タイムスロット (分)) に、各履歴レコードをレプリケーション履歴テーブルに保持する時間を入力します。
  6. [Enable control table] (コントロールテーブルを有効にする) セクションの [Apply Exceptions] (例外の適用) では、[awsdms_apply_exceptions] が常にオンになっています。オプションで、次のコントロールテーブルを追加して、タスクに関する追加の詳細をモニタリングできます。
    レプリケーションステータス - awsdms_status
    停止したテーブル - awsdms_suspended_tables
    レプリケーションの履歴 - awsdms_history
    注: これらのコントロールテーブルはターゲットインスタンスで作成されます。これらは、ターゲットデータベースインスタンスのターゲットコントロールスキーマで SELECT クエリを使用する場合にのみ表示できます。

関連情報

Control table task settings (コントロールテーブルタスク設定)

移行のステップバイステップガイド

AWS DMS タスクの使用

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前