AWS DMS タスク検証が失敗したり、止まってしまったりするのはなぜですか?

所要時間1分
0

AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクの検証を有効にしましたが、検証に失敗したり、その処理が行われなかったりします。

簡単な説明

AWS DMS タスクの検証機能を使用すると、テーブルレベルで統計を確認し、データ検証の設定を行うことができます。データ検証の情報の確認には、AWS DMS コンソールAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)、または AWS DMS API を使用できます。

解決策

注: AWS CLI コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」を参照してください。また、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください。

  1. AWS DMS コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインから、[データベース移行タスク] を選択します。
  3. タスクの名前を選択します。
  4. [テーブル統計] セクションから、[検証状態] を確認します。または、JSON 形式のデータ検証レポートを確認するには describe-table-statistics を実行します。
    aws dms  describe-table-statistics --replication-task-arn arn:aws:dms:us-east-1:45454545454:rep:XXXXXXXXXXXXXXXXXX

検証状態が [レコードの不一致] である場合は、awsdms_validation_failures_v1 というテーブルにクエリを実行します。その後、AWS DMS によりターゲットデータベースにテーブル awsdms_validation_failures_v1 が作成されます。

select \* from awsdms\_validation\_failures\_v1 where TASK\_NAME = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXX';

注: TASK_NAME の値はタスクの外部リソース ID であり、タスクの Amazon リソースネーム (ARN) の最後の値です。

失敗したレコードのプライマリキーを取得したら、ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントにクエリを実行して、レコードの一致しない部分を確認します。

検証状態が [レコードの保留中] である場合は、タスク検証設定の ThreadCount パラメータを設定して検証のパフォーマンスを向上させることができます。詳細については、「データ検証タスクの設定」を参照してください。

その他の検証状態については、「レプリケーションタスクの統計」を参照してください。CloudWatch メトリクスを使用して検証の進行状況をモニタリングできます。

関連情報

トラブルシューティング

制限

AWS公式
AWS公式更新しました 7ヶ月前
コメントはありません