Windows と Linux で .pem ファイルを.ppk に、または .ppk から .pem に変換する方法を教えてください。

所要時間2分
0

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のプライバシー強化メール (.pem) ファイルを PuTTY Private Key (.ppk) ファイルに変換したいと思っています。または、.ppk ファイルを.pem ファイルに変換したいと思っています。

簡単な説明

PuTTY は Amazon EC2 が生成するプライベートキーフォーマット (.pem) をネイティブにサポートしていません。PuTTY を使用してインスタンスに接続する前に、プライベートキーを.ppk ファイルに変換する必要があります。この変換には PuTTYgen ツールを使用してください。

解決策

Windows - PuTTYgen をインストール

ほとんどの Windows オペレーティングシステムには PuTTY がインストールされています。システムが対応していない場合は、SSH ウェブサイトから PuTTYgen をダウンロードしてインストールします。

Windows - .pem ファイルを.ppk ファイルに変換する

PuTTYgen を起動し、.pem ファイルを .ppk ファイルに変換します。詳細な手順については、「PuTTYgen を使用して秘密鍵を変換する」を参照してください。

Windows - .ppk ファイルを.pem ファイルに変換する

  1. PuTTYgen を起動します。[アクション][ロード] を選択し、.ppk ファイルに移動します。
  2. .ppk ファイルを選択し、[開く] を選択します。
  3. (オプション)「キーパスフレーズ」には、パスフレーズを入力します。[パスフレーズの確認] に、パスフレーズを再入力します。
    注: パスフレーズは必須ではありませんが、指定するのがベストプラクティスです。秘密鍵を不正使用から保護するためのセキュリティ対策です。パスフレーズは、ユーザーが手動でインスタンスにログインするか、ファイルをインスタンスにコピーする必要があるため、自動化を困難にします。
  4. PuTTY キージェネレーターの上部にあるメニューから、[変換][OpenSSH キーのエクスポート] を選択します。
    **注:パスフレーズを入力しなかった場合は、PuTTYgen の警告が表示されます。[はい]**を選択します。
  5. ファイルに名前を付け、.pem 拡張子を追加します。
  6. [保存] を選択します。

Unix または Linux - PuTTY をインストール

PuTTY がシステムにまだインストールされていない場合は、インストールします。

Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリには PuTTY パッケージが含まれます。PuTTY をインストールする前に EPEL リポジトリを有効化する必要があります。

**注:**Amazon Linux 2023 (AL2023) は EPEL をサポートしていません。詳細については、「Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL)」を参照してください。

PuTTY をインストールするには、以下のコマンドのいずれかを実行します。

RPM-based

$ yum install putty

Dpkg-based

$ apt-get install putty-tools

Unix または Linux - .pem ファイルと .ppk ファイル

.ppk ファイルは Windows PuTTYgen でのみサポートされています。Linux で使用するには .pem ファイルに変換する必要があります。puttygen コマンドを実行して、.ppk ファイルを .pem ファイルに変換します。

$ puttygen ppkkey.ppk -O private-openssh -o pemkey.pem

同様に、puttygen を使用して .pem ファイルを .ppk ファイルに変換できます。

$ puttygen pemKey.pem -o ppkKey.ppk -O private

関連情報

Amazon EC2 キーペアと Linux インスタンス

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ