Amazon EC2 スポットインスタンスを起動しようとすると「no Spot capacity available」(スポットキャパシティが利用できません) というエラーが表示されるのはなぜですか?

所要時間1分
0

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) スポットインスタンスを起動しようとすると、エラーメッセージが表示されます。エラーは、「There is no Spot capacity available that matches your request」(リクエストに一致する使用可能なスポットキャパシティがありません) というものです。

解決方法

「no Spot capacity available」(利用可能なスポットキャパシティがありません) というエラーは、Amazon EC2 にスポットインスタンスまたはスポットフリートリクエストを満たすのに十分なスポットキャパシティがない場合に発生します。スポットキャパシティとは、お客様がオンデマンドインスタンスよりも安い料金で使用できる、予備の未使用 EC2 コンピューティングキャパシティの量です。

このエラーをトラブルシューティングするには、次のいずれかを実行します。

  • リクエストはそのままにしておきます。 スポットリクエストは、キャパシティが使用可能になるまで自動的に起動リクエストを作成し続けます。キャパシティが使用可能になると、Amazon EC2 はスポットリクエストを処理します。「no Spot capacity available」(利用可能なスポットキャパシティがありません) というエラーが頻繁に発生する場合は、次の回避策の使用を検討してください。
  • ワークロードを設定する際には、リクエストするインスタンスタイプとデプロイするアベイラビリティーゾーンを柔軟に決定してください。 例えば、us-east-1a で m5.large をリクエストする代わりに、複数のアベイラビリティーゾーンで m4.large、c5.large、r5.large、または t3.xlarge をリクエストします。このタイプのリクエストにより、Amazon Web Services (AWS) が必要とする量のコンピューティングキャパシティを見つけて割り当てる可能性が高まります。
  • 料金およびキャパシティを最適化した割り当て戦略を使用してください (ベストプラクティス)。 この割り当て戦略では、料金およびキャパシティの両方を考慮してスポットインスタンスプールを選択します。選択されるスポットインスタンスプールは、中断される可能性が最も低く、料金も可能な限り低くなっています。料金およびキャパシティ最適化戦略は、キャパシティ最適化割り当て戦略と同等の中断率を維持します。また、この戦略では通常、スポットインスタンスの合計金額は、キャパシティ最適化戦略よりも低くなります。詳細については、「スポットインスタンスの割り当て戦略」を参照してください。
  • キャパシティ最適化割り当て戦略を使用します。 この割り当て戦略は、リアルタイムのキャパシティデータを分析して、最も利用可能なキャパシティのプールにスポットインスタンスを起動できるようにします。キャパシティ最適化割り当て戦略により、「no Spot capacity available」(使用可能なスポットキャパシティがありません) というエラーが表示される可能性が低くなります。

Amazon EC2 Auto Scaling、EC2 フリート、スポットフリートを使用してスポットインスタンスをプロビジョニングするときに、前述のソリューションを実装できます。スポットインスタンスを使用する際のベストプラクティスの詳細な一覧については、「Spot Instance Best Practices」(スポットインスタンスのベストプラクティス) を参照してください。


関連情報

スポットインスタンスの中断

スポットリクエストステータス

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ