コンテナインスタンスをスタンドアロン Amazon EC2 インスタンスとして起動した場合、Amazon ECS コンテナインスタンスで使用可能なディスク容量を増やすにはどうすればよいですか?

所要時間2分
0

コンテナインスタンスをスタンドアロンの Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスとして起動した場合、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で使用可能なディスク容量を増やすにはどうすればよいですか?

簡単な説明

コンテナインスタンスでストレージスペースを増やすには、置換用インスタンスを起動してから、元のインスタンスを終了する必要があります。

この方法を使用してストレージスペースを増やすには、解決セクションの手順を完了します。別の方法を使用してコンテナインスタンスを起動した場合は、この記事をスキップして、以下のいずれかの記事にある手順を完了してください。

注: Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム設定は、使用している Amazon ECS 最適化 Amazon マシンイメージ (AMI) によって異なります。インスタンスで使用可能なディスク容量を確認する方法の詳細とコマンドについては、「AMI ストレージ設定」を参照してください。

重要: 次のステップは、Amazon ECS クラスター内の元のコンテナインスタンスを終了します。これらのインスタンスの EBS ボリュームに保存されたデータは失われます。

解決方法

置換用インスタンスの起動

重要: Amazon ECS サービスのダウンタイムを回避するには、元のコンテナインスタンスをドレインする前に置換用インスタンスを起動する必要があります。元のコンテナインスタンスですべてのタスクが停止したら、置換用インスタンスのタスクが開始したことを確認してから、元のコンテナインスタンスを終了します。

1.    Amazon EC2 コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

3.    元の各 ECS コンテナインスタンスの [Instance ID] (インスタンス ID) 列を確認して、インスタンス ID を書き留めます。

4.    元のコンテナインスタンスのいずれかを選択します。

5.    (新しい EC2 エクスペリエンス) [Actions] (アクション)、[Image and templates] (イメージとテンプレート)、[Launch more like this] (このようにさらに起動) の順に選択します。
(旧 EC2 コンソール) [Actions] (アクション)、[Launch more like this] (このようにさらに起動) の順に選択します。

注: [Launch more like this] (このようにさらに起動) オプションは、[Launch an instance] (インスタンスを起動) ウィンドウに元のコンテナインスタンスからのオプションを事前入力します。その後、設定を更新して EBS ボリュームを増やしたり、その他の設定を更新したりできます。

6.    [Step 4: Add Storage] (ステップ 4: ストレージを追加) ページを選択します。

7.    [Size (GiB)] (サイズ (GiB)) で、ボリュームのサイズを増やす値を入力します。
注: ボリュームオプションの詳細については、「ブロックデバイスマッピング」を参照してください。

8.    (オプション) 起動するインスタンスの数を更新するには、[3.Configure Instance] (3. インスタンスを設定) を選択し、[Number of instances] (インスタンスの数) にインスタンスの数を入力します。

9.    (オプション) AMI ID を最新の Amazon ECS 最適化 AMI に更新するには、[1.Choose AMI] (1. AMI を選択) を選択し、AWS リージョンの AMI ID を入力します。

10.    [Review and Launch] (確認して起動)、[Launch] (起動) の順に選択します。

以前の ECS コンテナインスタンスをドレインして、コンテナを新しいインスタンスに移行する

1.    Amazon ECS コンソール を開きます。

2.    コンテナインスタンスをグループ化するクラスターを選択します。

3.    (新しい ECS エクスペリエンス) [Infrastructure] (インフラストラクチャ) タブを選択し、前に書き留めたインスタンス ID で元のコンテナインスタンスを選択します。
(旧 ECS コンソール) [ECS Instances] (ECS インスタンス) タブを選択し、先ほど書き留めたインスタンス ID で元のコンテナインスタンスを選択します。

4.    [Actions] (アクション)、[Drain instances] (インスタンスをドレイン) の順に選択します。

注: Amazon ECS サービスのダウンタイムを回避するために、以前のインスタンスをバッチでドレインできます。コンテナインスタンスのサービスタスクをドレインすると、RUNNING 状態のコンテナインスタンスは停止され、サービスのデプロイ設定パラメータ minimumHealthyPercent および maximumPercent に従って置き換えられます。サービスに属していない PENDING または RUNNING 状態のタスクは影響を受けません。これらのタスクが終了するのを待つか、手動で停止する必要があります。

5.    DRAINING インスタンスで実行中のタスクが 0 になったら、元のすべてのコンテナインスタンスが DRAINING ステータスになるまで、ステップ 2~3 を繰り返します。

6.    元のインスタンスを終了します

これで、新しいインスタンスでタスクが実行され、使用可能なストレージが増えるはずです。


関連情報

AMI ストレージ設定

コンテナインスタンスのドレイン

タスクでのデータボリュームの使用

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ