Amazon EKS クラスターで終了した状態の名前空間をトラブルシューティングする方法はありますか?

所要時間1分
0

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) クラスターで名前空間を削除しようとしました。しかし、名前空間は「終了中」ステータスで止まっています。

簡単な説明

名前空間を削除するためには、Kubernetes はまず名前空間内のすべてのリソースを削除する必要があります。次に、登録されている API サービスのステータスを確認する必要があります。次の理由により、名前空間が「終了中」ステータスのままになります。

  • Kubernetes が削除できないリソースが名前空間に含まれています。
  • API サービスのステータスが「False」です。

解決方法

  1. 次の例のような JSON ファイルを保存します。
kubectl get namespace TERMINATING_NAMESPACE -o json > tempfile.json

**注記:**TERMINATING_NAMESPACE を固まっている名前空間の名前に置き換えてください。

  1. JSON ファイルの spec セクションからファイナライザー配列ブロックを削除します。
"spec": {
        "finalizers": [
            "kubernetes"
        ]
    }

ファイナライザー配列ブロックを削除した後、JSON ファイルの spec セクションは次のようになります。

"spec" : {
    }
  1. 変更を適用するために、次のコマンドを実行します。
kubectl replace --raw "/api/v1/namespaces/TERMINATING_NAMESPACE/finalize" -f ./tempfile.json

**注記:**TERMINATING_NAMESPACE を固まっている名前空間の名前に置き換えてください。

  1. 終了中の名前空間が削除されたことを確認します。
kubectl get namespaces

終了中」ステータスのままになっている他の名前空間についても、これらの手順を繰り返します。

関連情報

Amazon EKSとは何ですか?

Namespaces (Kubernetes のサイト)

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ