ELB での Classic Load Balancer のキャパシティーの問題のトラブルシューティングを教えてください。

所要時間1分
0

Classic Load Balancer 向け Amazon CloudWatch メトリクス SurgeQueueLength の maximum 統計が増えました。クライアントが Classic Load Balancer に接続しようとすると、HTTP 503 Service Unavailable エラーまたは HTTP 504 Gateway Timeout エラーが表示されます。これらの Elastic Load Balancing のキャパシティーに関する問題のトラブルシューティングを教えてください。

簡単な説明

Classic Load Balancer メトリクス SurgeQueueLength は、Classic Load Balancer によってキューに入れられたリクエストの総数を測定します。SurgeQueueLength の maximum 統計の増加は、リクエストを受信したときと同じくらい速くバックエンドシステムが着信要求を処理できないことを示します。SurgeQueueLength メトリクスが高くなる原因としては、次のようなものがあります。

  • Classic Load Balancer の背後にあり、すべての受信リクエストを処理できない、オーバーロードされた Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス
  • 外部リソースのパフォーマンスの問題によるアプリケーションの依存関係の問題
  • インスタンスの最大許容接続制限

リクエストが最大の SurgeQueueLength を超えると、SpilloverCount メトリクスは拒否されたリクエストの測定を開始します。最大 SurgeQueueLength 値は 1,024 です。

解決方法


関連情報

Classic Load Balancer の CloudWatch メトリクス

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ