Amazon Lex の会話ログが CloudWatch に表示されないのはなぜですか?

所要時間2分
0

Amazon CloudWatch に Amazon Lex の会話ログが表示されません。

簡単な説明

Amazon Lex の会話ログが CloudWatch に表示されない理由はいくつかあります。例えば、Amazon Lex が CloudWatch Logs を使用するための適切な権限が設定されていない可能性があります。また、ボットで COPPA を有効にしているため、会話ログ機能を使用できない可能性もあります。

解決方法

Amazon Lex に IAM のロールとポリシーを追加する

Amazon Lex のボットが CloudWatch にログインできるようにする適切な権限が付与されているかどうかを確認してください。Amazon Lex が会話ログを記録するには、CloudWatch Logs を使用する必要があります。また、それらのログを保存するには、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにアクセスする必要があります。以下の手順に従って、必要な AWS Identity and Access Management (IAM) のロールとポリシーを追加します:

  1. Amazon Lex コンソールにサインインし、編集するボットを選択します。

  2. [設定] を選択し、[会話ログ] を選択します。

  3. 設定アイコンを選択し、[IAM ロール] を選択します。

  4. 以下の例のような信頼関係を持つ IAM ロールを追加します:

    {  "Version": "2012-10-17",
      "Statement": [
        {
          "Effect": "Allow",
          "Principal": {
            "Service": "lex.amazonaws.com"   //For V2 "Service": "lexv2.amazonaws.com"
          },
          "Action": "sts:AssumeRole"
        }
      ]
    }
  5. CloudWatch Logs への会話テキストのロギングを許可する IAM ポリシーをロールにアタッチします:

    {
      "Version": "2012-10-17",
      "Statement": [
        {
          "Effect": "Allow",
          "Action": [
            "logs:CreateLogStream",
            "logs:PutLogEvents"
          ],
          "Resource": "arn:aws:logs:region:account-id:log-group:log-group-name:*"
        }
      ]
    }
  6. S3 バケットへの音声のロギングを許可する IAM ポリシーをロールに追加します:

    {
      "Version": "2012-10-17",
      "Statement": [
        {
          "Effect": "Allow",
          "Action": [
            "s3:PutObject"
          ],
          "Resource": "arn:aws:s3:::bucket-name/*"
        }
      ]
    }

COPPA 設定を確認する

COPPA がボットで有効になっているかどうかを確認します。COPPA を有効になっている場合、そのボットの会話ログ機能を使用することはできません。

Amazon Lex V1

この設定を確認するには、Amazon Lex コンソールでボットの一般的な設定を確認します:

  1. Amazon Lex コンソールにサインインし、[V1 コンソールに戻る] を選択します。
  2. 編集するボットを選択します。
  3. [設定] を選択し、[一般] を選択します。
  4. [COPPA] を選択します。

Amazon Lex V2

  1. Amazon Lex V2 コンソールにサインインし、[ボットのバージョン] を選択します。
  2. 使用するバージョンを選択し、[COPPA] を選択します。
  3. 使用するバージョンの COPPA を有効にすると、無効にすることはできません。代わりに、[ドラフトバージョン] に移動し、[COPPA] を選択してください。これで COPPA を [いいえ] に変更できるようになります。その後、新しいバージョンを公開します。

詳細なトラブルシューティング手順

  1. ロググループが Amazon Lex ボットと同じ AWS リージョンにあることを確認します。
  2. ボットのエイリアスとロギングに指定したエイリアスが同じであることを確認します。会話ログはボットのエイリアスに従って設定されるため、一致していることが重要です。
  3. Amazon Lex V1 を使用している場合は、$LATEST エイリアスや、Amazon Lex がテスト用に提供しているテストボットは使用しないでください。どちらの場合も、会話を記録することはできません。
    注: 会話ログは、Amazon Lex V2 で TSTALIASID というエイリアスを使用して動作します。

関連情報

会話ログ用の IAM ポリシー

会話ログによるモニタリング

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ