Amazon RDS のメンテナンスウィンドウの長さはどのくらいですか?

所要時間1分
0

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のメンテナンスウィンドウの期間を知りたいです。

決議

Amazon RDS メンテナンスは、DB インスタンスまたは DB クラスターのデータベースエンジンバージョンまたはオペレーティングシステム (OS) の更新に必要な場合があります。メンテナンスの期間は、Amazon RDS が DB インスタンスに対してスケジュールするオペレーションにより異なります。また、メンテナンスウィンドウ中に開始されるオペレーションにより異なります。

DB インスタンスを作成または変更するときは、メンテナンスウィンドウを設定することができます。週に 1 回、30 分から最大 23 時間 30 分の特定の期間にメンテナンスを行うようにスケジュールします。ウィンドウを設定すると、Amazon RDS はスケジュール期間中にメンテナンスアクションを開始します。

必要な Amazon RDS メンテナンス中のダウンタイムを最小限に抑えるには、スケジュールされた更新前にマルチ AZ 配置に DB インスタンスを変更します。

メンテナンスウィンドウの終了時刻

更新にかかる時間は、メンテナンスウィンドウよりも長い場合があります。例えば、更新する必要があるファイルのリストが大量にある場合、Amazon RDS の更新には時間がかかる場合があります。または、DB インスタンスの再起動が必要な場合。

Amazon RDS によるインスタンスの更新後、ダウンタイムの期間が異なる場合があります。ダウンタイムは、メンテナンスが OS の更新なのか、データベースエンジンのバージョン更新なのかによって異なります。

**注記:**メンテナンスウィンドウの外で Amazon が管理するメンテナンス期間を事前に開始することはできませんが、状況に応じて毎週のメンテナンス期間を調整することができます。スケジュール済みのメンテナンスを早めに実施する場合は、希望する DB インスタンスのメンテナンスウィンドウを調整します。

関連情報

メンテナンスウィンドウ中で実行されている Amazon RDS および Amazon Redshift のクエリはどうなりますか?

Amazon RDS または Amazon Redshift のメンテナンスウィンドウのを設定するにはどうすればいいですか?

AWS公式
AWS公式更新しました 7ヶ月前
コメントはありません