Amazon RDS、Aurora、Amazon Redshift のメンテナンスウィンドウとは、何ですか?

所要時間1分
0

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、Amazon Aurora、Amazon Redshift のメンテナンスウィンドウについて詳しく知りたいです。

解決方法

Amazon RDS、Aurora、および Amazon Redshift のメンテナンスウィンドウは毎週行われます。この間、RDS DB インスタンスはオペレーティングシステム (OS) または DB エンジンのアップグレードを受けることができます。すべてのインスタンスに最新のパッチとアップグレードが適用されていることを確認するために、AWS ではインスタンスの週間スケジュールに少なくとも 30 分の時間枠を設ける必要があります。メンテナンス時間中、Amazon RDS はクラスターとインスタンスでタスクを実行します。データのセキュリティと安定性のために、メンテナンスによりインスタンスが使用できなくなる場合があります。

メンテナンスウィンドウはデプロイまたは操作を開始するタイミングを定義しますが、メンテナンスの完了にはさらに時間がかかる場合があります。その結果、一部の操作に使用される時間がメンテナンス時間を超える場合があります。

Amazon RDS

Amazon RDS のメンテナンスは、すべてのインスタンスまたは特定のインスタンスに影響する可能性があります。Amazon RDS のメンテナンスがワークロードに与える影響を最小限に抑えるには、「必要な Amazon RDS メンテナンス中のダウンタイムを最小限に抑えるにはどうすればよいですか?」を参照してください。

Amazon Aurora

Amazon Aurora 1.8 以降のすべてのバージョンでは、Amazon RDS はクラスター全体の DB 更新を実行し、クラスターのメンテナンス期間中にメンテナンスをデプロイします。更新のタイプに応じて、Amazon RDS はすべてのインスタンスで、または 1 つずつ Aurora クラスターに DB エンジンの更新を実行します。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのメンテナンス」を参照してください。

Amazon Redshift

Amazon Redshift のメンテナンスは、OS の更新またはエンジン固有の更新を必要とするすべてのインスタンスに影響します。Amazon Redshift のメンテナンスがワークロードに与える影響を最小限に抑えるには、メンテナンス時間帯に合わせてスケジュールしてください

関連情報

メンテナンスウィンドウ中に実行されている Amazon RDS および Amazon Redshift のクエリはどうなりますか?

Amazon RDS または Amazon Redshift のメンテナンスウィンドウに関する通知を設定する方法を教えてください。

Amazon RDS のメンテナンス期間はどのくらいですか?

AWS公式
AWS公式更新しました 10ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ