RDS for SQL Server シングル AZ またはマルチ AZ インスタンスのメンテナンスウィンドウ中に、どのくらいのダウンタイムが想定されますか?

所要時間1分
0

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for Microsoft SQL Server のシングル AZ またはマルチ AZ インスタンスのメンテナンスウィンドウが近日予定されています。メンテナンスウィンドウ中にどの程度のダウンタイムが想定されますか?

簡単な説明

AWS は、Amazon RDS for SQL Server インスタンスの物理ホストハードウェア、データベースバージョン、またはオペレーティングシステムに対して定期的なメンテナンスを行います。メンテナンスが行われる前に、E メール通知が届きます。この E メールには、影響を受けるリソースとスケジュールされているメンテナンスの時間枠の詳細が記載されています。

推定ダウンタイムは、シングル AZ インスタンスとマルチ AZ インスタンスで異なります。また、発生するダウンタイムは、実行するメンテナンスの種類に応じて変わる可能性があります。

注: RDS イベントを表示すると、RDS インスタンスの過去のスケジュールされたメンテナンスを確認できます。または、describe-pending-maintenance-actions の AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドまたは RDS API の DescribeDBInstances を使用することもできます。

解決方法

Personal Health Dashboard を確認することで、今後のメンテナンスにダウンタイムが発生するかどうかを確認できます。PHD では、このメンテナンスの影響を受けるインスタンスでダウンタイムが発生するかどうかがわかります。

RDS コンソールでインスタンスを確認することで、保留中または今後のメンテナンスを確認できます。詳細については、「保留中のメンテナンスの表示」を参照してください。

メンテナンスウィンドウの時間を調整できます。詳細については、「DB インスタンスの適切なメンテナンスウィンドウの調整」を参照してください。

ハードウェアメンテナンスのダウンタイム

シングル AZ インスタンス: メンテナンスが実行されている間、インスタンスは数分間使用できません。メンテナンスにかかる正確な時間は、インスタンスクラスタイプとデータベースサイズによって異なります。

マルチ AZ インスタンス: マルチ AZ インスタンスは、プライマリインスタンスがフェイルオーバーする間は使用できません。このフェイルオーバーにかかる時間は 60 秒以下です。メンテナンスによってセカンダリアベイラビリティーゾーンのみが影響を受ける場合は、フェイルオーバーもダウンタイムもありません。

データベースエンジンのアップグレードのダウンタイム

シングル AZ インスタンス: メンテナンスが実行されている間、インスタンスは数分間使用できません。メンテナンスにかかる正確な時間は、インスタンスクラスタイプとデータベースサイズによって異なります。

マルチ AZ インスタンス: マルチ AZ インスタンスでは、プライマリインスタンスとスタンバイインスタンスの両方がアップグレードされます。Amazon RDS はローリングアップグレードを実行します。つまり、セカンダリがアップグレードされてプライマリに昇格した後のフェイルオーバーの間だけ停止します。その後、元のプライマリ (現在はセカンダリ) はアップグレードが適用された状態となります。

OS メンテナンスのダウンタイム

シングル AZ インスタンス: メンテナンスが実行されている間、インスタンスは数分間使用できません。メンテナンスにかかる正確な時間は、インスタンスクラスタイプとデータベースサイズによって異なります。

マルチ AZ インスタンス: マルチ AZ RDS インスタンスでは、プライマリインスタンスとスタンバイインスタンスの両方がアップグレードされます。RDS はローリングアップグレードを実行します。つまり、セカンダリがアップグレードされてプライマリに昇格した後のフェイルオーバーの間だけ停止します。その後、元のプライマリ (現在はセカンダリ) はアップグレードが適用された状態となります。


関連情報

Amazon RDS のメンテナンスウィンドウについて知っておくべきことは何ですか?

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前
コメントはありません

関連するコンテンツ