Amazon RDS DB インスタンスが長時間 storage-optimization 状態のままになっているのはなぜですか?

所要時間1分
0

Amazon Relational Database (Amazon RDS) DB インスタンスのストレージサイズを更新しました。しかし、このプロセスに長い時間がかかっており、インスタンスは storage-optimization 状態です。

解決策

Amazon RDS DB インスタンスのストレージサイズを変更すると、インスタンスのステータスがストレージ最適化に変わります。これにより、DB インスタンスが変更され、ストレージのサイズやタイプが変更されます。ストレージの最適化プロセスは、RDS のオートメーションによって実行されます。RDS のオートメーションにより、ストレージの変更後にデータが Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームに均等に分散されることを確認できます。

ほとんどの場合、ストレージをスケーリングしても DB インスタンスの停止やパフォーマンスの低下は発生しません。ただし、この操作には数時間かかる場合があります。6 時間、またはインスタンスのストレージ最適化が完了するまでのいずれか長い方の間、それ以上ストレージを変更することはできません。しかし、インスタンスサイズのスケーリングや再起動など、インスタンスに関する他の変更は実行できます。

通常、ストレージ最適化は数時間で完了しますが、24 時間以上かかる場合もあります。DB インスタンスが storage-optimization 状態の場合、インスタンスは稼働しています。アプリケーションの可用性には影響しません。DB インスタンスが使用可能な状態になるまで待たなくても、アプリケーションを実行できます。

注: このプロセスを速く行う方法はありません。最適化プロセスが完了するまで待つ必要があります。ストレージサイズが大きくなり、ストレージ使用量が増加するほど、処理にかかる時間も長くなります。これは自動化されたプロセスであるため、RDS DB インスタンスのストレージ最適化が完了するまでにかかる時間を判断する決まった方法はありません。

クラスターボリュームの場合、Amazon Aurora では EBS ボリュームによってバックアップされないカスタムストレージソリューションが使用されます。そのため、Aurora インスタンスでストレージの最適化を検討する必要はありません。詳細については、「Aurora ストレージエンジンの紹介」を参照してください。

注: どのようなタイプのストレージ変更でも、DB インスタンスが storage-optimization 状態に移行する可能性があります。ただし、ストレージを変更すると、インスタンスが再起動しダウンタイムが発生することもあります。これは、ストレージタイプを SSD からマグネティックに変更する (またはその逆) など、特定の場合に起こります。詳細については、「DB インスタンスの設定」を参照してください。

DB インスタンスの空きストレージの量をモニタリングするには、Amazon CloudWatch アラームを作成するのがベストプラクティスです。

関連情報

Amazon RDS DB インスタンスの管理

AWS公式
AWS公式更新しました 9ヶ月前