Amazon Connect CCP ソフトフォンのエラーをトラブルシューティングする方法を教えてください。

所要時間2分
0

Amazon Connect Contact Control Pane (CCP) から、エンドポイントに接続できないというソフトフォンエラーが表示されます。

簡単な説明

Amazon Connect CCP エンドポイントエラーには 3 つのタイプがあります。これらのエラーはすべて、次の例のように Amazon Connect CCP ログにソフトフォンエラーとして表示されます。

シグナリングエンドポイントエラー

これらのエラーには次の例が含まれます。

  • 「ソフトフォン ERROR {連絡先 ID} SESSION シグナリングサーバーへの接続に失敗しました タイムアウト」
  • 「ソフトフォン ERROR ソフトフォンエラーが発生しました: signalling_connection_failure URL {シグナリングエンドポイント URL} に到達できません。」

メディアエンドポイントエラー

これらのエラーには次の例が含まれます。

  • 「ソフトフォン警告 {連絡先 ID} セッション ICE 収集がタイムアウトしました」
  • 「ソフトフォンエラー {連絡先 ID} セッション ICE 候補なし」
  • 「ソフトフォン情報 {連絡先 ID} セッション接続シグナリングと ICE 収集状態 => 障害状態」
  • 「ソフトフォンエラー」ソフトフォンエラーが発生しました:ice\ _collection\ _timeout アイスコレクションがタイムアウトしました。「

API エンドポイントエラー

これらのエラーには次の例が含まれます。

  • 「CCP エラー 'AcceptContact' API リクエストが失敗しました: [object Object]」
  • 「ccp TRACE AWS Client: < 操作 'AcceptContact' が失敗しました: {"message":"Network Failure","code":"NetworkingError","time":"...."」

**注:**未処理の CCP ログをより読みやすい形式に変換するには、CCP ログパーサーを使用してください。詳細については、GitHub の CCP ログパーサーを参照してください。

解決方法

Amazon Connect とエンドポイント間の通信を確認してください。

ソフトフォンエラーは、Amazon Connect CCP が以下の必須エンドポイントの 1 つ以上と通信できない場合に発生します。
注:INSTANCE\ _NAME を自分のインスタンス名に置き換えてください。リージョンは Amazon Connect インスタンスの場所に置き換えてください。詳細については、「ネットワークをセットアップする」を参照してください。

**シグナリングエンドポイント **
シグナリングエンドポイントと通信するには、ポート443 (TCP) を介して次の URL を許可リストに追加します。

  • **CCP v1 の場合: **rtc\ *.Connect-telecom.region.amazonaws.com
  • **CCP v2 の場合: **\ *.transport.Connect.Region.Amazonaws.com

詳細については、「最新の CCP へのアップグレード」を参照してください。
**メディアエンドポイント **
メディアエンドポイントと通信するには、ポート 3478 (UDP) 経由で次の URL を許可リストに追加します:

  • TurnNlb-*.elb.REGION.amazonaws.com

**API エンドポイント **
API エンドポイントと通信するには、ポート 443 (TCP) を介して次の URL を許可リストに追加します:

  • *.telemetry.connect.REGION.amazonaws.com
  • INSTANCE_NAME.my.connect.aws/ccp-v2
  • INSTANCE_NAME.my.connect.aws/api
  • *.static.connect.aws
  • INSTANCE_NAME.awsapps.com/connect/ccp-v2
  • INSTANCE_NAME.awsapps.com/connect/api
  • *.cloudfront.net

その他の考慮事項

  1. エラーメッセージに記載されているエンドポイントドメインへのトラフィックがブロックされていないことを確認します。詳細については、「Amazon EC2 と CloudFront の IP 範囲要件をドメイン許可リストに置き換える」を参照してください。
  2. エラーメッセージに記載されているエンドポイントドメインに必要なポートがネットワークファイアウォールで開いていることを確認します。詳細については、「Amazon EC2 と CloudFront の IP 範囲要件をドメイン許可リストに置き換える」を参照してください。
  3. IP アドレスの範囲を許可する場合は、Amazon Connect で使用されるすべての IP アドレスが必須の許可リストに含まれていることを確認してください。詳細については、「IP アドレス範囲を許可する」を参照してください。
  4. Amazon Connect CCP が必要なエンドポイントとの接続を維持できるほどネットワーク接続が安定していることを確認します。

関連情報

Contact Control Panel (CCP) に関する問題のトラブルシューティング

ネットワークをセットアップする

AWS公式
AWS公式更新しました 10ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ