Route 53 の位置情報レコードを使用してアクティブ/パッシブフェイルオーバーをどのように設定できますか?

所要時間2分
0

Amazon Route 53 の位置情報レコードを使用してアクティブ/パッシブフェイルオーバーを設定したいです。

簡単な説明

位置情報レコードが異常である場合、Route 53 は、より大きな、関連付けられた地理的な AWS リージョンの別のレコードを検索します。クライアントの場所が他の正常な位置情報レコードと一致しない場合、Route 53 はデフォルトの位置情報レコードにフェイルオーバーします。

Route 53 を設定して、デフォルトの位置情報レコードではなく、他の正常な位置情報レコードにフェイルオーバーすることができます。

解決方法

以下は例として使用されるシナリオです。

特定の場所を指す位置情報レコードがあります。同じ場所に対してセカンダリの位置情報レコードを作成します。この設定により、プライマリのレコードが異常になった場合、Amazon Route 53 は自動的にセカンダリのレコードにフェイルオーバーします。次のようなものがあります。

  • ロケーション A のクライアントが us-west-1 のロードバランサーにアクセスするための位置情報レコード。
  • ロケーション B のクライアントが eu-west-1 のロードバランサーにアクセスするための位置情報レコード。
  • ロケーションAとロケーションB以外のクライアントがサービスを利用できないことを示す静的ウェブページを指すデフォルトの位置情報レコード。

ロケーション A からの DNS クエリに対して:

  • us-west-1 のロードバランサーを指すプライマリフェイルオーバーレコードを作成する
  • eu-west-1 のロードバランサーを指すセカンダリフェイルオーバーレコードを作成する
  • ロケーション A のフェイルオーバーレコードを指す位置情報レコードを作成する

前述の設定を使用すると、Route 53 がロケーション A から DNS クエリを受信すると、Route 53 はプライマリフェイルオーバーレコードで応答します。ロードバランサーが正常であれば、プライマリフェイルオーバーレコードは us-west-1 のロードバランサーです。us-west-1 のロードバランサーに異常がある場合、Route 53 は eu-west-1 (セカンダリレコード) のロードバランサーを返します。

ステップ 1: ロケーション A の 2 つのフェイルオーバーレコードを作成する

  1. [Route 53 コンソール] を開きます。
  2. ナビゲーションペインで [ホストゾーン] を選択します。
  3. レコードを作成するホストゾーンの名前を選択します。
  4. [レコードの作成] を選択します。ウィザードを使用してレコードを作成するか、[クイック作成へ切り替える] を選択できます。
  5. 次の値を指定します。
  • [ルーティングポリシー] で、[フェイルオーバー] を選択します
  • [レコード名] には、フェイルオーバーレコードの名前を入力します
  • サポートされている AWS リソースでは、エイリアスレコードを作成できます。[クイック作成] を使用している場合は、トグルボタンを使用して [エイリアス] をオンにします。ウィザードを使用している場合は、エイリアスをオンにする必要はなく、フェイルオーバーレコードの定義に進むことができます。
    **注:**リソースがエイリアスレコードに対応していない場合は、非エイリアスレコードとして作成してください。詳細については、「レコードタイプ」を参照してください。
  • [] では、エンドポイント (例: アプリケーションと Classic Load Balancer へのエイリアス) を選択します。[リージョン] (この例では us-west-1) を選択し、次にターゲットリソース (この例ではロードバランサー) を選択します。
  • [フェイルオーバーレコードタイプ] で [プライマリ] を選択します。
  • [ターゲットの正常性の評価] には、[はい] を選択します。
    注:[ターゲットの正常性の評価] オプションはエイリアスレコードに適用されます。エイリアスでないレコードを作成する場合は、Route 53 ヘルスチェックを作成し、そのレコードに関連付けます。
  • [レコードID] には、同じ名前とタイプを持つ各レコードを一意に識別する値を入力します。
  • [クイック作成] のレコード作成方法を使用している場合は、[別のレコードを追加] を選択してセカンダリフェイルオーバーレコードを作成します。ウィザードを使用している場合は、[フェイルオーバーレコードを定義] を選択します。
  • このステップでの [レコード名] は、プライマリレコードに指定した名前と同じです。
  • [] では、エンドポイント (例: アプリケーションと Classic Load Balancer へのエイリアス) を選択します。[**リージョン **] (この例では eu-west-1) を選択します。次に、ターゲットリソース (この例ではロードバランサー) を選択します。
  • [ルーティングポリシー] で、[フェイルオーバー] を選択します。
  • [フェイルオーバーレコードタイプ] で [セカンダリ] を選択します。
  • (オプション) エイリアスレコードを作成する場合、[ターゲットの正常性の評価] には [はい] を選択します。
  • [レコードID] には、同じ名前とタイプを持つ各レコードを一意に識別する値を入力します。
  1. [レコードの作成] を選択します。

ステップ 2: フェイルオーバーレコードをターゲットとする位置情報レコードを作成する

  1. [Route 53 コンソール] を開きます。
  2. [ホストゾーン] を選択します。
  3. レコードを作成する必要があるホストゾーンの名前を選択します。
  4. [レコードの作成] を選択します。ウィザードを使用してレコードを作成するか、[クイック作成へ切り替える] を選択できます。
  5. 次の値を指定します。
  • [ルーティングポリシー] で [ 位置情報] を選択します。
  • [レコード名] には、位置情報レコードの名前を指定します。
  • [レコードタイプ] には、フェイルオーバーレコードで使用したのと同じタイプを選択します。
  • サポートされている AWS リソースでは、エイリアスレコードを作成できます。[クイック作成] を使用している場合は、トグルボタンを使用して [エイリアス] をオンにします。ウィザードを使用している場合は、この操作は必要ありません。そのままフェイルオーバーレコードの定義に進むことができます。
    **注:**リソースがエイリアスレコードに対応していない場合は、非エイリアスレコードとして作成してください。詳細については、「レコードタイプ」を参照してください。
  • [] には、[このホストゾーンにある別のレコードへのエイリアス] を選択し、その後フェイルオーバーレコードを選択します
  • [ロケーション] には、ロケーション A の場所を選択します。
  • [ターゲットの正常性の評価] には、[はい] を選択します。
  • [レコードID] には、同じ名前とタイプを持つ各レコードを一意に識別する値を入力します。
  1. [レコードの作成] を選択します。

2 つの場所間でのアクティブパッシブフェイルオーバー構成を完了するには、上記の手順をロケーション B のクライアントに対しても繰り返してください。

ロケーション B からの DNS クエリに対しては、以下の手順を実行します。

  1. eu-west-1 のロードバランサーを指すプライマリフェイルオーバーレコードを作成します。
  2. us-west-1 のロードバランサーを指すセカンダリフェイルオーバーレコードを作成します。
  3. ロケーション B のフェイルオーバーレコードを指す位置情報レコードを作成します。ロケーション A と B の両方の位置情報レコードが同じホストゾーンにあることを確認してください。

**注:**すべてのレコードに同じ DNS レコードタイプを使用してください。例えば、プライマリフェイルオーバーレコードに A レコードを作成した場合:

  • セカンダリフェイルオーバーレコードも A レコードである必要があります。
  • 位置情報レコードはタイプ A のエイリアスレコードである必要があります。

関連情報

位置情報エイリアスレコード固有の値

AWS公式
AWS公式更新しました 1年前