Amazon SES を使用して送信した E メールのバウンス、開封、クリックを追跡するにはどうすればよいですか?

所要時間3分
0

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して送信した E メールがいつバウンスされたか、開封されたか、またはリンクがクリックされたかを知りたいと考えています。

簡単な説明

送信量、バウンス、苦情、開封、クリックなどに関する Amazon SES の統計情報を追跡するには、Virtual Deliverability Manager を使用します。この機能により、メールの使用状況とインタラクションを 1 つのダッシュボードでモニタリングできます。ただし、これらの統計情報をアクティブに表示するには、Virtual Deliverability Manager 機能を開く必要があります。

コンソールの外部でアクティビティを追跡したい場合は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を使用して次のイベントの通知を受け取ります。

  • 受信者が E メールを開いた。
  • 受信者が E メール内のリンクをクリックした。
  • E メールがバウンスされた。

解決策

Virtual Deliverability Manager を使用して E メールアクティビティをモニタリングする

Virtual Deliverability Manager は、Amazon SES から送信する E メールのステータスとユーザーエンゲージメントを追跡します。この機能を設定して使用するには、「Getting started with Virtual Deliverability Manager」を参照してください。

これにより、Virtual Deliverability Manager ダッシュボードを開いたときに E メールメトリクスを表示できます。ただし、ダッシュボードの外部で更新や通知を受け取ることはありません。特定の E メールイベントの通知を受け取りたい場合は、以下の解決策を使用して Amazon SNS 通知を設定します。その後に、Virtual Deliverability Manager を使用して、通知されたイベントに関するより詳細なメトリクスを表示します。

Amazon SNS を使用して E メールアクティビティの通知を受け取る

E メールの開封、リンクのクリック、およびバウンスを通知するように Amazon SNS を設定するには、以下の手順を実行します。

始める前に、Amazon SES でドメインが検証済みであることを確認してください。

注: 複数の受信者に E メールをコピーした場合、次の設定ではどの受信者が E メールを開いたのかが表示されません。

SNS トピックを作成する

Amazon SNS トピックを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Amazon SNS コンソールを開きます。
  2. [トピック] を選択します。
  3. [トピック] ページで、[トピックの作成] を選択します。
  4. [トピックの作成] ページの [詳細] セクションで、以下の手順を実行します。
    [タイプ] で、[標準] を選択します。
    [トピック名] で、名前を入力します。
    (オプション) [表示名] にはトピックの表示名を入力します。
  5. [トピックの作成] を選択します。
  6. 作成したトピックの [トピックの詳細] から、[サブスクリプションの作成] を選択します。
  7. [プロトコル] で、[JSON 形式のメール] を選択します。
  8. [エンドポイント] で、通知を受信する E メールアドレスを入力します。
  9. [サブスクリプションの作成] を選択します。
  10. 指定した E メールアドレスから、Amazon SNS から受信した E メールのうち、件名が「AWS 通知 – サブスクリプション確認」のメールを開きます。
  11. SubscribeURL として指定されている URL を開いて、サブスクリプションを確認します。

E メールのクリック、開封、バウンスに関する情報を SNS トピックに送信するように Amazon SES を設定する

SNS トピックに情報を送信するように Amazon SES を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. Amazon SES コンソールを開き、適切な AWS リージョンに移動します。
  2. ナビゲーションペインの [設定] で、[設定セット] を選択します。
  3. [セットを作成] を選択します。
  4. [設定セット名] に名前を入力します。
  5. [セットを作成] を選択します。
  6. [イベント送信先] タブを選択してから、[送信先を追加] を選択します。
  7. [イベントタイプ] で、[ハードバウンス、開封数とクリック数] を選択し、[次へ] を選択します。
  8. [送信先タイプ]に、[Amazon SNS] を選択します。
  9. [名前] に、SNS 送信先の名前を入力します。
  10. [SNS トピック] で、作成した Amazon SNS トピックを選択してから、[次へ] を選択します。
  11. [送信先を追加] を選択します。

テスト E メールを送信して、E メールの開封、クリック、およびバウンスに関する通知を確認する

Amazon SES には、E メールの開封、クリック、およびバウンスのテストに使用できるメールボックスシミュレーターが搭載されています。

メールボックスシミュレーターを使用してテストするには、次の手順を実行します。

  1. Amazon SES コンソールを開きます

  2. ナビゲーションペインの [設定] で、[検証済み ID] を選択します。

  3. 検証済みドメインを 1 つ選択します。

  4. [テスト E メールの送信] を選択します。

  5. [メッセージ詳細] で、E メール形式として [未加工] を選択します。

  6. [From-address] には、検証済みドメインの E メールアドレスを入力します。

  7. [シナリオ] で、[カスタム] を選択して開封数とクリック数を確認するか、[バウンス] を選択してバウンスを確認します。

  8. 受信者としてテストに使用する E メールアドレスを入力します。
    注: [カスタム] シナリオについては、まだ Amazon SES サンドボックスを使用している場合、[カスタム受信者] フィールドの E メールアドレスになっていることを確認してください。

    [メッセージ] に、次の例のようなテキストを入力します。

    カスタムシナリオ

    X-SES-CONFIGURATION-SET: myConfigset
    From: test-verified-domain@example.com
    To: test-recipient@example.com
    Subject: Test email
    Content-Type: multipart/alternative;
        boundary="----=_boundary"
    
    ------=_boundary
    Content-Type: text/html; charset=UTF-8
    Content-Transfer-Encoding: 7bit
    
    This is a test email.
    
    <a href="https://aws.amazon.com/">Amazon Web Services</a>
    
    ------=_boundary--

    バウンスシナリオ

    X-SES-CONFIGURATION-SET: myConfigset
    From: test-verified-domain@example.com
    To: bounce@simulator.amazonses.com
    Subject: Test email
    Content-Type: multipart/alternative;
        boundary="----=_boundary"
    
    ------=_boundary
    Content-Type: text/html; charset=UTF-8
    Content-Transfer-Encoding: 7bit
    
    This is a test email.
    
    <a href="https://aws.amazon.com/">Amazon Web Services</a>
    
    ------=_boundary--

    注: myConfigSet を、作成した設定セットの名前で置き換えてください。

  9. [テスト E メールの送信] を選択します。

  10. 受信者のテスト E メールアドレスに送信されたテスト E メールを開いて、リンクをクリックします。

E メールのヘッダーに設定セットを指定する

作成した設定セットを E メールに適用するには、E メールのヘッダーで設定セットを渡します

SNS 通知と VDM メトリクスを確認する

SNS 通知と Virtual Deliverability Manager メトリクスを確認するには、次の手順を実行します。

  1. Amazon SNS トピックのサブスクリプションに使用した E メールアドレスの受信トレイから、通知を受け取ったことを確認します。
  2. E メールメトリクスを確認するには、Amazon SES コンソールで Virtual Deliverability Manager ダッシュボードを使用します

関連情報

Amazon SES email sending metrics FAQs

Virtual Deliverability Manager settings

AWS公式
AWS公式更新しました 5ヶ月前
コメントはありません