AWS アカウントで不要になったアクティブなリソースを終了するにはどうすればよいですか?

所要時間2分
0

不要になったアクティブなリソースを終了したいと考えています。

解決策

サブスクリプション

アカウントを解約または停止した後も、Savings Plans、リザーブドインスタンス、またはその他のサブスクリプションの料金が引き続き発生します。

  • アカウントに月額料金がかかるリザーブドインスタンス (RI) がある場合は、プラン期間が終了するまでこれらのサブスクリプションの料金が請求されます。これは次のような月額料金に適用されます:
    Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の RI
    Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) の RI
    Amazon Redshift の RI
    Amazon ElastiCache のリザーブドキャッシュノード
  • AWS では、サブスクリプション期間が終了する前に RI を解約することはできません。Amazon EC2 の RI は EC2 リザーブドインスタンスマーケットプレイスに出品できます。詳細については、「リザーブドインスタンスマーケットプレイスでの販売」を参照してください。
  • 有効な AWS Marketplace サブスクリプションをお持ちの場合、これらのサブスクリプションはアカウントの解約時に自動的には解約されません。まず、サブスクリプションに含まれるソフトウェアのすべてのインスタンスを終了する必要があります。次に、AWS Marketplace コンソールの [サブスクリプションの管理] ページでサブスクリプションをキャンセルします。
  • Savings Plan に登録している場合は、プラン期間が終了するまで、Savings Plan の対象となるコンピューティング使用量に対して課金されます。

リソース

: アカウントを閉じる前にリソースを削除する必要はありません。

アクティブなリソースを見つけるには、「AWS アカウントで不要になったアクティブなリソースを確認する方法を教えてください」を参照してください。

別のサービスのアクティブなリソースを終了するには、次の手順を実行します:

  1. AWS マネジメントコンソールを開きます。
  2. 終了するリソースを含むサービスのコンソールを開きます (Amazon Simple Storage Service など)。検索バーにサービス名を入力して、特定のサービスを検索できます。
  3. サービスのコンソールを開いたら、アクティブなリソースをすべて終了します。リソースを割り当てた各リージョンを必ず確認してください。
    注: リージョンはナビゲーションバーのリージョンセレクターで変更できます。

一般的に使用されている AWS サービスのアクティブなリソースを終了するには、以下を実行します:

Amazon EC2

Amazon S3

  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のオブジェクトとバケットを削除するには、「Amazon S3 オブジェクトとバケットを削除するにはどうすればよいですか?
    注: バケット内のオブジェクトを削除する前に、Amazon S3 バケットのサーバーアクセスログが無効化されていることを確認してください。無効化されていないと、バケットのオブジェクトを削除した直後にログがバケットに書き込まれる可能性があります。詳細については、「Amazon S3 サーバーアクセスログを有効化する」を参照してください。
  • AWS Elastic Beanstalk によって作成された Amazon S3 バケットがある場合は、まずバケットポリシーを削除する必要があります。バケットポリシーは、Amazon S3 コンソールのバケットのプロパティの [権限] セクションにあります。詳細については、「Amazon S3 で Elastic Beanstalk を使用する」を参照してください。
    注: Elastic Beanstalk によって作成されたバケットを削除すると、対応するリージョンに既存アプリケーションがある場合に、アプリケーションが正しく機能しなくなる可能性があります。

Amazon RDS

  • Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) リソースを削除するには、「DB インスタンスを削除する」を参照してください。
  • Amazon RDS スナップショットを削除するには、「DB スナップショットを削除する」を参照してください。
  • 保持されている DB インスタンスの自動バックアップを削除するには、「バックアップの使用」を参照してください。
    重要: 削除保護が有効になっている DB インスタンスまたは DB スナップショットを削除するには、インスタンスを変更して削除保護を無効にする必要があります。

Amazon Lightsail

その他のサービス

アカウントを解約する前に、アクティブな AWS Directory Service のディレクトリを削除するのがベストプラクティスです。詳細については、「AWS Directory Service のディレクトリを削除するにはどうすればよいですか?」を参照してください。

この記事に記載されていないその他のサービスのリソースを終了するには、そのサービスの AWS ドキュメントを参照してください。

関連情報

AWS アカウントを解約した後に新たに請求書が届くのはなぜですか?

Amazon EMR クラスターを終了するにはどうすればよいですか?

Amazon ECS サービスを削除または終了するにはどうすればよいですか?

Client VPN エンドポイントまたは AWS Client VPN 上の接続を削除または終了するにはどうすればよいですか?

Amazon VPC の NAT ゲートウェイを削除するにはどうすればよいですか?

AWS公式
AWS公式更新しました 7ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ