アカウントでリソースを起動するために使用できるアベイラビリティーゾーンを見つけるにはどうすればよいですか?

所要時間1分
0

AWS アカウントでリソースを起動するために使用できるアベイラビリティーゾーン (AZ) を見つけたいと考えています。

簡単な説明

ゾーンが制約される前にインスタンスがアベイラビリティーゾーンにあった場合を除き、制約のあるアベイラビリティーゾーンでインスタンスを起動することはできません。また、制約のあるアベイラビリティーゾーンは、新しいアカウントの AZ のリストから削除される場合があります。アベイラビリティーゾーンが削除された場合、アカウントで使用可能なゾーンは表示されているよりも少なくなります。また、1 つのアカウントの AWS リージョンで使用可能な AZ の数が異なります。

**注:**アベイラビリティーゾーンが制約対象としてマークされ、アカウントの AZ のリストから削除されると、残りの AZ のみがリソースを起動できるようになります。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) API を使用して制約のあるアベイラビリティーゾーンを有効にすることはできません。

任意のアカウントのリソースを起動できるアベイラビリティーゾーンを見つけるには、Amazon EC2 コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用します。

解決策

Amazon EC2 コンソールを使用する

次の手順を実行します。

  1. Amazon EC2 コンソールを開きます。
  2. リージョンセレクターでリージョンを選択します。
  3. ナビゲーションペインで [EC2 Dashboard] (EC2 ダッシュボード) を選択します。
  4. [Service Health] (サービスの状態) セクションで、[Availability Zone Status] (アベイラビリティーゾーンのステータス) の下にある AZ のリストを表示します。

AWS CLI を使用する

**注:**AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」を参照してください。また、AWS CLI の最新バージョンを使用しているかをご確認ください。

アカウントのリソースを起動できるアベイラビリティーゾーンのリストを生成するには、以下のコマンドを実行します。

注:****example-regionをご使用のリージョンに置き換えてください。

aws ec2 describe-availability-zones --region example-region

関連情報

アベイラビリティゾーン

AWS公式
AWS公式更新しました 5ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ