AWS re:Postを使用することにより、以下に同意したことになります 利用規約

RDS Aurora PostgreSQL version upgrade10.21 -> 13.7 におけるpg_upgrade_server.logファイルのFATAL内容に関して

0

お世話になっております。

RDS Aurora PostgreSQL 10.21 -> 13.7メジャーバージョンアップ実行をした際に、 画面上では緑のラインで「正常にバージョンアップは終了しました」という表示はされているのですが、 pg_upgrade_server.logファイルの内容を確認すると 下記のようなFATALが出力されていました。

 FATAL:  Can't handle storage runtime process crash

上記のエラーはメモリに関するエラーだと認識しており、 前提として、10.21 バージョン時点ではdb.t3.medium(4G)のインスタンスをdb.r5.large(16G)に変更して、 13.7メジャーバージョンアップを実行しています。 上記のエラーはdb.r5.xlarge(32G)、db.r5.2xlarge(64G)に変更しても出力されています。

画面上では正常に終了しているように見えるのですが、 ログで出力されているFATAL: Can't handle storage runtime process crash は 解消すべきエラーなのかわからずご質問させていただきました。 初めてのバージョンアップ対応のため、アドバイスいただけると嬉しいです。

また、下記のコマンドを実行したうえでバージョンアップも行っています。

postgres=> set work_mem to 1024;
postgres=> SET ENABLE_HASHJOIN TO OFF;

参照)pg_upgrade_server.log

2022-12-27 03:20:21.883 GMT [8404] LOG:  worker process: plans update worker (PID 8510) exited with exit code 1
command: "/rdsdbbin/aurora-10.21.10.21.5.211226.0/bin/pg_ctl" -w -D "/rdsdbdata/db_old" -o "--config_file=/rdsdbdata/config_old/postgresql.conf" -m smart stop >> "pg_upgrade_server.log" 2>&1
waiting for server to shut down....2022-12-27 03:21:29.303 GMT [8404] LOG:  received smart shutdown request
2022-12-27 03:21:29.308 GMT [8404] LOG:  worker process: logical replication launcher (PID 8511) exited with exit code 1
2022-12-27 03:21:29.309 GMT [8506] LOG:  shutting down
..2022-12-27 03:21:31.317 GMT [8404] FATAL:  Can't handle storage runtime process crash
2022-12-27 03:21:31.317 GMT [8404] LOG:  database system is shut down
 done
server stopped


2022-12-27 03:22:35.163 GMT [15074] LOG:  background worker "plans update worker" (PID 15115) exited with exit code 1
command: "/rdsdbbin/aurora-13.7.13.7.5.8448.0/bin/pg_ctl" -w -D "/rdsdbdata/db" -o "--config_file=/rdsdbdata/config_new/postgresql.conf --survivable_cache_mode=off" -m smart stop >> "pg_upgrade_server.log" 2>&1
waiting for server to shut down...2022-12-27 03:22:37.311 GMT [15074] LOG:  received smart shutdown request
.2022-12-27 03:22:37.313 GMT [15111] LOG:  shutting down
................2022-12-27 03:22:53.760 GMT [15074] FATAL:  Can't handle storage runtime process crash
2022-12-27 03:22:53.761 GMT [15074] LOG:  database system is shut down
 done
server stopped


2022-12-27 03:25:17.545 GMT [22033] LOG:  background worker "plans update worker" (PID 22137) exited with exit code 1
command: "/rdsdbbin/aurora-13.7.13.7.5.8448.0/bin/pg_ctl" -w -D "/rdsdbdata/db" -o "--config_file=/rdsdbdata/config_new/postgresql.conf --survivable_cache_mode=off" -m smart stop >> "pg_upgrade_server.log" 2>&1
waiting for server to shut down....2022-12-27 03:27:36.383 GMT [22033] LOG:  received smart shutdown request
2022-12-27 03:27:36.386 GMT [22133] LOG:  shutting down
......2022-12-27 03:27:42.395 GMT [22033] FATAL:  Can't handle storage runtime process crash
2022-12-27 03:27:42.396 GMT [22033] LOG:  database system is shut down
 done
server stopped
質問済み 5ヶ月前266ビュー
1回答
1

ご確認いただいた「Can't handle storage runtime process crash」のエラーメッセージに関しましては Aurora PostgreSQL において DB インスタンスの起動に伴い記録されることがございます。

なお、お問い合わせより DB エンジンバージョンアップの際に DB インスタンスが再起動し、該当メッセージが出力されたものと判断しております。 起動後に DB インスタンスが利用可能な状態であれば、当該メッセージは無視いただいて問題ございませんため、追加の対応は必要ございません。

AWS
回答済み 5ヶ月前
  • ご丁寧にありがとうございます、DB インスタンスの起動に伴い記録されることはあるんですね。 エラーでなく良かったです。

ログインしていません。 ログイン 回答を投稿する。

優れた回答とは、質問に明確に答え、建設的なフィードバックを提供し、質問者の専門分野におけるスキルの向上を促すものです。

質問に答えるためのガイドライン