Athenaの料金体系についての質問

0

Athenaを利用する際に、クエリの利用とクエリ実行後のファイルをS3へアップロードする際に、料金がかかるとのことですが、 Athenaを利用する際の 以下のステップでは料金はかかるのでしょうか?かからないのでしょうか

以下のステップでも費用がかかる場合の料金を計算したいので、情報をご教示いただきたくお願い申し上げます。

ステップ 1: データベースを作成するル ステップ 2: テーブルを作成する ステップ 3: データをクエリするクエリを保存する ステップ4:他のデータソースへの接続

質問済み 8ヶ月前602ビュー
1回答
0
承認された回答

ご質問いただきました内容について、各ステップごとに回答します。

ステップ 1: データベースを作成する

CREATE DATABASE クエリ [1] を使用して作成を行う場合は、クエリの実行結果が S3 バケットに出力されるため、S3 のリクエスト料金が発生します。 データベースは、Athena からのクエリではなく、マネジメントコンソールや AWS CLI を通じた直接的な Glue API [2] 呼び出しでも作成可能です。 また、上記のいずれの場合においても、Glue API のリクエスト料金 [3] が発生します。

ステップ 2: テーブルを作成する

基本的にはステップ 1 と同様の考え方となります。 CREATE TABLE クエリ [4] を使用して作成を行う場合は、クエリの実行結果が S3 バケットに出力されるため、S3 のリクエスト料金が発生します。 テーブルは、Athena からのクエリではなく、マネジメントコンソールや AWS CLI を通じた直接的な Glue API [5] 呼び出しでも作成可能です。 また、上記のいずれの場合においても、Glue API のリクエスト料金 [3] が発生します。

ステップ 3: データをクエリするクエリを保存する

クエリの保存 [6] には追加の料金は発生しません。

ステップ4:他のデータソースへの接続

他のデータソースへの接続は、Athena の Federated Query [7] の機能を利用したクエリの実行を想定されているものと存じます。 Federated Query では各種データソースからデータを読み取る上で、コネクターを Lambda 関数として実行するため、クエリの実行時に Lambda 関数の実行に関する料金 [8] が発生します。 また、参考資料 [7] にも記載がございますが、状況に応じて S3 のスピルバケットへの書き込みが発生する場合があるため、この際には S3 のリクエスト料金が発生します。

参考資料

[1] CREATE DATABASE - Amazon Athena https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/create-database.html

[2] CreateDatabase - AWS Glue https://docs.aws.amazon.com/glue/latest/webapi/API_CreateDatabase.html

[3] Serverless Data Integration – AWS Glue Pricing – AWS https://aws.amazon.com/glue/pricing/?nc1=h_ls

[4] CREATE TABLE - Amazon Athena https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/create-table.html

[5] CreateTable - AWS Glue https://docs.aws.amazon.com/glue/latest/webapi/API_CreateTable.html

[6] 保存されたクエリの使用 - Amazon Athena https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/saved-queries.html

[7] Amazon Athena 横串検索の使用 - Amazon Athena https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/connect-to-a-data-source.html

[8] 料金 - AWS Lambda |AWS https://aws.amazon.com/jp/lambda/pricing/

AWS
Mori_T
回答済み 8ヶ月前

ログインしていません。 ログイン 回答を投稿する。

優れた回答とは、質問に明確に答え、建設的なフィードバックを提供し、質問者の専門分野におけるスキルの向上を促すものです。

質問に答えるためのガイドライン