AWS re:Postを使用することにより、以下に同意したことになります 利用規約

タグ付けされた質問 Amazon Relational Database Service (RDS)

コンテンツの言語: 日本語

並べ替え 最新

以下に記載されている質問と回答を閲覧したり、フィルタリングして並べ替えて結果を絞り込んだりできます。

  • 1
  • 2
  • 12 件 / ページ
1
回答
0
投票
15
ビュー
makkky
質問済み 2年前

EC2側のCA証明書の設定を変更していないにも関わらず、RDS側に対してSSL接続が行われている理由

お世話になっております。 RDSの証明書設定変更に関して不明点があるため、ご相談させていただきます 現状は、RDSの証明書の設定変更が完了してこれまで通り疎通はできているのですが、プラットフォームの理解が不足しており、3月5日以降も正しく動作するという確証が持てない状況です。 詳細は以下の通りです ■システムの構成 EC2(AmazonLinux)・RDS(PostgreSQL) EC2とRDSは、同一VPC・同一セキュリティグループ内に存在 ■現状 ・公式ドキュメント等を参考にRDSの設定を2019年版の証明書に変更し、RDSの再起動を行って設定変更の適用が完了している https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/ssl-certificate-rotation-postgresql.html ・RDSの設定変更後に、以下の3つの方法で、SSL接続ができている事を確認済 ・・アプリケーションを操作してDBに接続されている事を確認 ・・EC2インスタンスからpsqlで接続した場合もSSL接続される事を確認 ・・以下を参考に、pg_stat_ssl・pg_stat_activityでも、SSLで接続されている事を確認 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/ssl-certificate-rotation-postgresql.html#ssl-certificate-rotation-postgresql.determining-server ■不明点・不安点 ・今回のRDSの設定変更において、EC2側のCA証明書の設定変更などは一切行っていない ・アプリケーション側の設定や、EC2インスタンス上のCA証明書に関する設定は調べた限りではない(ただしアプリケーションの開発およびAWSの設定をした開発担当者はいないため、未知の設定が存在する可能性はゼロではない) 上記による可能性としては以下の2通りの解釈が可能だと思っています。 ①同一VPCのセキュリティグループにあるRDSに対しては、内部的に自動でSSLによる接続が行われる仕様となっている。そのためSSLの接続情報や証明書がなくてもSSL接続となる ②RDSの設定変更後も、依然として何らかの未知の接続情報が有効になっており、3/5以降に接続が無効となる ①に該当するドキュメントが見当たらなかったため推測の域を出ておらず、②の可能性が排除できないです。 そのため作業を完了とみなして良いのか判断できず困っております。 ご教示いただけると幸いです Edited by: tunemage on Jan 20, 2020 10:21 PM
2
回答
0
投票
5
ビュー
質問済み 3年前

RDS Aurora クラスタの再起動が終わらない

RDS Aurora クラスタに突然アクセス出来なくなりました。 イベントログを見てみるとインスタンスのリカバリが走ったようですが、 そこから復帰せず、内部的に延々と再起動を繰り返している様子です。 マネージメントコンソールから手動でインスタンスの再起動を試みましたが、 ステータスが再起動のまま進まなくなり、お手上げ状態です。 また、最新時刻の自動スナップショットからの復元も試みましたが、こちらも 作成中のまま進まず、元のインスタンスと同様のエラーログが出ています。 このような症状に出会った方や、原因や解決方法が分かる方はいらっしゃい ませんでしょうか? 助言など頂けると助かります。 以下、マネージメントコンソールから設定とログを抜粋して記載します。 == インスタンス == 要約:  エンジン: Aurora MySQL 5.7.12  インスタンスのクラス: db.t2.small  DB インスタンスのステータス: 再起動 最近のイベント:  --------------------------------  2018年6月1日 18:56:54 UTC+9 DB instance shutdown  ・・(shutdown 繰り返し)・・  2018年6月1日 18:00:21 UTC+9 DB instance shutdown  2018年6月1日 17:59:24 UTC+9 DB instance shutdown ※このあたりで再起動を実施  2018年6月1日 17:59:20 UTC+9 Error restarting mysql: Engine bootstrap failed with no mysqld process running...  2018年6月1日 17:59:20 UTC+9 DB instance shutdown  2018年6月1日 17:57:55 UTC+9 Error restarting mysql: Engine bootstrap failed with no mysqld process running...  ・・(restarting,shutdown 繰り返し)・・  2018年6月1日 8:21:14 UTC+9 DB instance shutdown  2018年6月1日 8:19:47 UTC+9 Error restarting mysql: Engine bootstrap failed with no mysqld process running...  2018年6月1日 8:19:46 UTC+9 DB instance shutdown  2018年6月1日 8:19:24 UTC+9 Error restarting mysql: Engine bootstrap is stuck for PT60S with no progress update...  2018年6月1日 8:17:18 UTC+9 Recovery of the DB instance is complete.  2018年6月1日 8:10:16 UTC+9 Recovery of the DB instance has started. Recovery time will vary with the amount of data to be recovered.  -------------------------------- ログ(mysql-error-running.log.2018-06-01.xx ):  --------------------------------  /etc/rds/oscar-start-cmd: line 39: 27969 Killed /rdsdbbin/oscar/bin/mysqld --core-file "$@"  ・・(繰り返し)・・  /etc/rds/oscar-start-cmd: line 39: 31590 Killed /rdsdbbin/oscar/bin/mysqld --core-file "$@"  /etc/rds/oscar-start-cmd: line 39: 1236 Killed /rdsdbbin/oscar/bin/mysqld --core-file "$@"  -------------------------------- == クラスタ == Details:  DBクラスターロール: マスター  状況: 利用可能  IAMDB認証が有効です: いいえ  最新の復元時刻: 2018年6月1日 8:10:23 UTC+9 (ローカル) DBクラスターメンバー:  dbインスタンス: dd1__6om ※上記のインスタンス(シングル構成)  ロール: 書き込み  クラスターパラメーターグループの状況: in-sync 最近のイベント:  --------------------------------  2018年6月1日 17:59:24 UTC+9 Promoting previous primary again: dd1__6om  ・・(繰り返し)・・  2018年6月1日 8:21:15 UTC+9 Promoting previous primary again: dd1__6om  2018年6月1日 8:19:47 UTC+9 Promoting previous primary again: dd1__6om  -------------------------------- よろしくお願いいたします。
1
回答
0
投票
4
ビュー
ti
質問済み 5年前
  • 1
  • 2
  • 12 件 / ページ